Apple Bacco by HAKATA WAVE

Apple Bacco by HAKATA WAVE

日本のリキッドブランド"HAKATA WAVE"のオリジナルリキッド第2弾"Apple Bacco"の紹介です。タバコのえぐみに焼きリンゴの甘みを絶妙にブレンドしたリキッドとなっています。

タバコ系の深みを再現しつつもアップルの爽やかさを組み合わせているので、とても吸いやすいフレーバーとなっているよ。通常版の他にメンソール版もあるので、メンソ好きにも嬉しいリキッドです。

  • リキッド:Apple Bacco
  • ブランド:HAKATA WAVE
  • フレーバー:アップルタバコ
  • 生産国:日本
  • 容量:60ml
  • PG/VG比:30PG/70VG

Apple Baccoに関する使用者のレビュー

タバコとリンゴが絶妙で最高。間違いなくリピートします。今まで吸ったタバコ系の中では一番美味いと思います。

酸味でサッパリ。高抵抗でエア絞ってMTLで吸ってます。アップルがフワッと香り酸味とタバコ感が残って飽きがこないです。

普段はタバコ系リキッドが苦手ですが、コレだけはチェーンが止まりません。周りの評価はラムバニラの方が高いですが、こちらの方が好みです。

Rum Vanilla Baccoに比べると、タバコのエグ味が前に出つつも、きちんと焼きリンゴの香ばしさも乗ってくる絶妙なブレンド。個人的にはチムニーが小さいRTAでまったりと吸いたいです。正直言って海外のリキッドと変わらないレベルの味の深みにビックリしました。

Apple Baccoに関するブロガーのレビュー

クラプトンの0.45Ωで吸うと、アップルタバコに似てるけど、こっちの方が若干フルーティな酸味を感じます。吸い始めに凄いリンゴ味。そして吐くときに絶妙にタバコが顔を出します。吐き終わった後に感じるタバコ葉のほのかな香り。よく出来てて凄いです。

想像してたよりタバコ感がめっちゃ来ます!タバコ味がほぼ全面にくる感じで、結構強めです。その後に こんがり焼けたリンゴ感が鼻を通ります。ほんのり甘めなリキッドです。タバコ系が好きな僕としては、タバコ系の中でも吸いやすさは★5くらいで大満足です。

0.8Ωのエアホール全開で吸ってみたところ、全開だとアップル寄りで、シガーはそこそこです。そして全閉だとキック感が半端ないです。

次に0.5Ωで吸うと、完全にアップルです。吐き出すときにバニラタバコのような甘いタバコを感じます。これも美味いです。実はこの環境でもキック感が少しばかりあります。

MTL/RDAで0.84Ω/20W~28Wで吸ってみたところ、リンゴの酸味にタバコのスモーキー感が結構出てます。甘味はリンゴの甘味という感じです。喫煙者の方には結構好きな後味が残ると思いますが、喫煙者ではない方が吸うとこの味がはっきりと分からないかもしれません。

続いて低抵抗で、DL/RDAで0.36Ω/38W~45Wで吸ってみたところ、そんなに大きく変わりません。でもリキッドはMTLの方が良い感じかも。低抵抗のDLでもスモーキーさは出ますが、少し飛び気味になります。焼きリンゴの風味が少しぼやけて、タバコ感が強くなった気がします。MTLで高抵抗/低出力がおすすめかと思います

Apple Baccoの購入はコチラ!

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

ケムリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム