Apple Wood Tobacco by The Refined Vaper

Apple Wood Tobacco by The Refined Vaper

アメリカ,オースティンのリキッドメーカー「The Refined Vaper」の"Apple Wood Tobacco"の紹介です。アップルとタバコにウッドという木の香りが加わったフレーバーとなっています。日本でも数年前から人気のある有名なリキッドです。頭文字を取って"AWT"と呼ばれて親しまれているよ。

  • リキッド:Apple Wood Tobacco
  • ブランド:The Refined Vaper
  • フレーバー:アップル・ウッド・タバコ
  • 生産国:アメリカ
  • 容量:60ml
  • PG/VG比:30PG/70VG

Apple Wood Tobaccoに関する使用者のレビュー

吸ってみると、ほのかなフレーバー!蜜のように感じる上品さ。全てのフレーバーが混じり合っていて、吸い続けるたびにウッドの芳香やタバコの奥深さ、リンゴの酸味を感じることができます。ネーミング通りの順番で味を楽しめるのが面白いです。爆煙で吸うよりも、じっくりとMTLで楽しみたい。大人なフレーバーでした。

0.6ΩのRDAで吸ってみると、吸ったことない味わい。香りを嗅いだときと同様にウッド感が強めです。これだけだとスモーキー過ぎますが、リンゴの甘味と酸味が良い具合に整えてくれます。吐き終わりにリンゴの爽やかな風味が残ってくれて後味も良いです。VAPEでいうタバコ味の印象はあまりないため、そういう類のリキッドが苦手な人でも大丈夫です。

0.66Ω/20~40WのRDAで吸ってみると、ウッディなテイストが一番強く感じます。その後に僅かに甘味のあるフルーツ的な味。そしてタバコ感も若干甘味があり、吸いやすいです。1.4Ω/15~25WのRDAで吸ってみると、甘味のあるフルーティーなテイストを感じます。木の香りもしますが、タバコ感は薄いです。どちらも総合的に薄い感じですが、どちらかというと、0.66Ωで吸ったときの方が好みでした。

Ni80/26GAの0.8Ω/17WでMTLで吸ってみると、最初にほんのりと甘いリンゴ。フレッシュなリンゴではなく、アップルパイやアップルタルトに入っているスイーツ系のリンゴ味。ミストを吐くときに、香木のようなウッドを感じ、甘さがスッと消えます。木の香りは強めで、少し酸味があるように思います。あとナッツ系に似た香ばしさも感じます。ここが恐らくタバコだと思います。25WのDLで吸ってみると、甘さと木の香りが増して、クリーミーな感じも出てきたように感じます。個人的には低WのMTLが好みでしたが、それぞれ味のバランスが絶妙です。

26Gカンタルの0.9Ω/16Wで吸ってみたところ、リンゴと木とタバコ。それ以上に説明が難しいですが、妙に美味しい。甘さは控えめで木とタバコのドライな渋み、苦み、スモーキーさがあります。リンゴの味はほんのり香る程度。この少し香るフルーティーさが良いです。0.5Ω/30Wで吸ってみると、こっちの方が美味しい。木の香り強くなってスモーキーさが増えます。リンゴが最初に少し顔を出して、リンゴの甘みと酸味も強く感じます。吐き出すと、さっぱりと渋い木とタバコの味。吸うたびにイメージが変わるリキッドなので、吸ってみないと説明が難しいです。

Apple Wood Tobaccoの購入はコチラ!

Apple Wood Tobacco【AWT Liquid(エーダブリューティー)】

商品名:Apple Wood Tobacco(ザ アップルウッドタバコ)

容量:60mL

ベプログから発売中!

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

ケムリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム