Topside by Dovpo

Topside by Dovpo

VAPEメーカー「Dovpo」と海外のYouTuber「TVC」がタッグを組んで制作した画期的なテクスコ"Topside"の紹介です。トップフィル方式のBFボトルということで、世界的にも注目を集めているスコンカーMODとなっているよ!

  • MOD:Topside
  • ブランド:Dovpo
  • タイプ:BF
  • 容量:10ml
  • モード:VW/Bypass/TC/TCR/VV
  • 高さ:92mm
  • 横幅:54mm
  • 重量:200g
  • ワット数:90W
  • 電池:18650/20700/21700

YouTuberとのコラボで作られた画期的なテクスコMOD!

VAPEメーカー「Dovpo」と海外の有名なVAPE系YouTuber「TVC」こと"The Vapor Chronicles"のコラボで制作されました。

機能面は、バッテリー逆差し保護、短絡保護、低抵抗保護、10秒自動カットオフ、基盤過加熱保護、低電圧保護など、一通りのプロテクションが付いています。ワッテージ調整は0.5W刻み。TC時の温度調整は10°Fもしくは5°C刻みです。

初期の出力モードは、VWモード、バイパスモードに対応しており、温度管理やVVモードは、ファームウェアをアップデートすることで対応可能となっています。ファームウェアは、Topsideの公式ページからダウンロード出来ます。

このように機能面は至って普通のMODですが、こちらの構造を見ていただけると、そのユニークな特徴がわかると思います。

このMODの最大の特徴は、画像からもわかるように、510スレッドとシリコンボトルの位置が別れているという非常に面白い構造なのです!

トップフィルのBFボトルを採用したテクニカルスコンカー

Topsideは、リキッドボトルを取り外すことなく、リキッドチャージが可能なトップフィル方式を採用したテクニカルスコンカーです。

アトマイザーの真下にBFボトルがないので、なんとも不思議な感覚ですが、スコンクすることでリキッドがサイドの510スレッドに流れる仕組みとなっています。

リキッドチャージは、このようにキャップを外すことで可能です。

Topsideのカラーバリエーションは全部で6色!

カラーは、シルバー、ブルー、ブラック、レッド、パープル、ガンメタルの全6色となっています。

Topsideに関する使用者のレビュー

30mlボトルの3分の1が入ると考えるとスゴい容量。TCRも付いてるしワッテージ調整もできるしフリクエンシーも文句なし。重量は、URUSとかの樹脂製MODに比べたら多少重いです。

重くてデカいので持ち運びは躊躇う感じではありますが、使い勝手は良いです。やっぱりトップフィルは楽。持ち歩いてても全然漏れないし、ボトルに10mlも入れておけるので同じリキッドを吸い続けるならかなり楽です。

テクスコMODなのだが、リキッドのリフィルに画期的なシステムを導入した特許出願可能レベルの秀作。これを考えた人は"天才"。少なかったテクスコMODの選択肢が増えたことも嬉しいが、テクスコやメカスコに関わらず、今後のスコンカーMODの有り方を示すべく重要な位置付けとなるMODです。

パルス80Wを愛用していましたが、トップフィルに魅せられて購入。通電は非常にスムーズ、パルス80Wと同じくらい。押した瞬間に通電するので、ストレスフリーです。リキチャは本当に楽です。機能性と、実用性だけで見たら、このmodが現時点でスコンカー部門で1位じゃないでしょうか。

重量とサイズに目をつぶれば現状最高峰のテクスコです。今までにないアイデアのトップフィル可能なBFボトル。細かい設定もPCで可能。見た目、質感も良し。ディスプレイも綺麗。ボタンも押しやすい。電池とボトルが分かれているので漏れたとしても安心。予備のボトル、電池もついてるので、今までのテクスコでは一番です。

使い勝手が良いです。リキッド補充がトップフィルのRTAと同じ感覚で非常に楽です。立ち上りも良く、クラプトンでもすんなり立ち上がってくれます。素材がプラスコと比べると重さはありますが、グリップは丸みがあり自分的にはしっくりきます。ただワットが0.5W刻みなので、細かい調整をしたい人には、痒いところに手が届かないかもしれません。

自分の使い方だと、一日使ってリキッド半分、バッテリー半分。漏れに関しては、心配は不要そうでした。デザインは、実物を触ってみたら思っていた以上によく、表面の仕上げも含めてかなり好み。大柄なMjölnir RDAが違和感なく乗るのも良いです。

難点としては、大きさと重さ。あとはボトルの洗浄のしづらさです。六角ビスで分解しないといけないので、リキッドの切替の際には一手間必要です。ボトルが10mlと大容量な事もあり、常飲リキッドを吸い続ける用途であれば最高に使い勝手がよさそうです。

Topsideの購入はコチラ!

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

ケムリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム