Wraith 80W Squonker Kit by The Council of Vapor

Wraith 80W Squonker Kit by The Council of Vapor

クールな外観のテクニカルスコンカー「Wraith 80W Squonker」の紹介です。他のMODと比べると、サイズ感や重量が大きめですが、それらを差し置いても、その独特なデザインに魅了される方が多いMODとなっています。

  • MOD:Wraith Squonker
  • ブランド:The Council of Vapor
  • タイプ:BF
  • 容量:10ml
  • モード:VW/TC/TCR
  • 高さ:89mm
  • 横幅:59mm
  • 重量:231g
  • ワット数:80W
  • 電池:18650

Wraith 80W Squonker Kitのキット内容

こちらの「Wraith 80W Squonker Kit」には、本体、アトマイザー、スコンクボトル、ドライバー、スペアネジ、スペアオーリングが付属しています。

こちらが付属のアトマイザー「Wraith Squonker RDA」です。

23mm径のアトマイザーとなっており、2ポストのベロシティデザインです。ドリップチップは、スピットバック防止のワイドボアとなっており、エアフローはサイドエアフローとのこと。

外箱から既に高級感が漂っていますね。中身はこんな感じ!

Wraith 80W Squonker Kitに関する使用者のレビュー

MOD本体は他のマスプロ品よりも高級感があり、亜鉛合金製にラバーコーティングされていて、握り心地も良く、程良い重さもあり、COV好きにはおススメです。人と違ったテクニカルスコンカーを探している方にもオススメです。

1ヶ月程使用しての感想です。大きくてデカイ!ですが、慣れてくると"iStick Pico"が小さすぎて持ちにくく感じます。重量が重い!ですが、慣れてくると"iStick Pico"が軽すぎて不安になります。塗装がゴムっぽくて安っぽい!ですが、剥げることも無く、愛着が沸いてきます。カーボン調のシールがすぐ剥がれましたが、無い方がシンプルで良い!

ベントホールが見当たらないけど、今のところ大丈夫そうです。リキッドは10ml入ります。何だかんだいってお気に入りです。BF使い出したら普通のVAPEは使う気にならなくなりました。

この手のBF機では液漏れが多々ありますが、リキッドボトルからの漏れが無いのがいいです。Waith kitを使用した期間は3ヶ月ほどですが、日常の使用で漏れたことはありません。それだけでも買う価値があると思います。また付属のアトマイザーは、スピットバックが起こりにくいですが、割と普通な感じで良くもなく悪くもないです。

個人的に外観がカッコいいと思います。ハイエンドモデルっぽい感じで安っぽさがなく、控えめで高級感があります。少し大きく重いですが、安心して使えるSqounkerタイプとしてオススメの一品です。

良い所は、スコンクボトルの液漏れや滲みがない。25mm径までマウント可能。見た目が安っぽくない。悪い所は、大きくて重い。大きいので小さいアトマイザーだとバランスが悪い。塗装が弱い。基盤操作が特殊。 塗装に関しては、3ヶ月ぐらい使ってますが、角付近がちょこちょこ剥がれてきます。基盤操作は、このMODに関しては癖が強くてレビュー動画で操作を覚えました。

悪い点が多いですが、自分は見た目が好きなので使っています!逆に言うと、"Wraith"の外観が好きっていう人以外は他のDNA基盤搭載のテクスコをオススメします。ただスコンクボトルやその周辺で一切液漏れが見られないのはかなり優秀だと思います。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

ケムリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム